なぜ予防医学が必要か?!〜長寿大国日本の死因Best10〜

 

 

 

こんにちは!予防医学派ナースのKomoです( ´ ▽ ` )

今後、予防医学についてこれまで学んできたことのを少しづつ公開して行きたいと思います!

 

日本人の現状

まずはこちらのグラフ📊から!

※厚生労働省HP参照


平成29年前の死亡者数は、

1340397

上位10位はこのようになってます!

1位  

2位  心疾患

3位  脳血管疾患

4位  老衰死

5位  肺炎

6位  不慮の事故

7位  誤嚥性肺炎 

8位 腎不全

9位 自殺

10位  血管性認知症他

 

 

この現状からわかること

☑︎上位1~3で51.4%の死亡率=2人に1人の死因が癌、心疾患、脳血管疾患で亡くなっている。つまり家族で誰かしらはここに入る可能性大。

☑︎老衰死7.6%で、約16~17人に1人の割合。

☑︎医療は進歩しているはずなのに、癌による死亡率は明らかな増加傾向。

なぜ病気、がん、血管疾患、寝たきりになるのか!癌細胞は突然細胞が突然変異したものであり、自分の中でつくられたもの。ここらへんは別記事upしますが、病気の原因のほとんどは生活習慣によるものです。病気にならない生活習慣を築き上げていくことが大切となります。

長寿大国だから素晴らしいとは限らない!?世界からみた日本

今、日本は、世界からみても治安も良く、衛生状態も整っていて、ITも発達中、人気上昇中。健康の面から見てみるとこんな感じです。

 

□平均寿命 女性が2位男性が3位

※男女ともに1位は香港

□65歳以上の人口 27.7% 世界ダントツ1位

□15歳以下の人口 12.6% 世界ダントツ1位

□薬剤消費量(国民1人当たり)第2位(世界市場の9%)

※1位はアメリカ。抗生物質やタミフルなどの一部の薬剤は世界市場でみて半数を日本人が飲み干しているΣ(゚д゚lll)

□寝たきり老人数(65歳以上のうち寝たきりの割合)第1位

*スウェーデンは4%。寝たきりの人を探す方が難しい。日本は施設を建てても建てても足りない。

 

注目すべきは次の項目!!!

□病院の数(国民100万人あたり)第1位 

※1位 日本70 2位米国18

日本の病院は8500施設

クリニック 100000施設

歯医者 70000施設あると言われています。

こんなにも病院クリニックは沢山あるのになぜいつも病院は混んでいるのか。

原因の一つとして

病院のコンビニ化

が挙げられます。

3時間待って病名「加齢です」

薬が大好きな日本人。風邪を引いたら風邪薬。お腹壊したら胃腸薬。受診者の多くはもちろん何かしらの症状があって診断もらいそれに準じた治療を受けます。しかし、不定愁訴で受診した多くの人は先生から

「加齢だから運動してね、しっかりバランス良い食事してね!」

「うーん、ストレスだと思うからまずはゆっくり休んでみて」

て言われるのが現状。

病院で勤務してるのですごくわかります(−_−;)

社会保障が厚いことはいい反面、

日本人の病院、医者、薬への依存度を上げているといっても過言ではないですね(^◇^;)

国民医療費40兆を超える


今この段階で家計の40%が医療と介護と薬で消えていると言われています。しかも5年後は医療費は約60兆に増えるらしく、、、、
ほとんどの人がいつかは病気になり治療が必要になる。その治療費でお金が消えていくなんて、、、、、

やばすぎますね( ̄◇ ̄;)

あとこれもまた問題なのが

自宅に眠っている残薬問題

厚生労働省によると、潜在的な残薬は年間500億円分に上り、薬剤師の管理や指導によって400億円分は改善できると推計されていますが、、、とんでもない額ですよね。。。。

無駄になった薬が国の財政を圧迫しているとゆうことを一人一人が考えるべきだと思います!

ちなみに、持病で内服が手放せない人が入院になった場合には、入院中は新たに病院から処方されたものを投薬し、退院時にはまた次の外来分までの処方が出されることが多いので、その繰り返しをすることで自宅に残薬が大量に眠っているとゆう人も少なくはないです。

実際に、病院勤務の中で、入院になった方におうちにある薬を持ってきてもらうこともあるのですが、その際、紙袋どっさりいれてくる方もいました。薬でお腹いっぱいなるんじゃないかと思うほど大量に飲んでる患者さんもいます。(^◇^;)

 

残薬などで無駄になっている費用を、本当に必要な治療のために回せればいいんだろうと思いますがなかなか大変そうですね( ;´Д`)

 

平均寿命は長いが健康寿命は短い!?

健康寿命とは介護を受けたり病気で寝たきりにならず自立して健康に生活できる期間です。日本人は男女ともに、平均寿命マイナス10才くらいが健康寿命と言われています。人生の最後10年間弱は誰かに頼らないと生きていけないとゆうこと。

これまでに沢山の要介護状態の方々の現状を見て来たのもあって、介護される生活なんて考えたくありません。( ̄◇ ̄;)

私は元々多趣味だし、おばあちゃんになっても毎年旅行したいとおもってるし、要介護状態なんてまっぴらごめんです∑(゚Д゚)なので目標は老衰、ぴんころライフ!!!静かに息を引き取りたいです笑👻

 

予防医療の必要性

多くの人の理想は

治療が必要なゾーンには無縁の生活

だと思いますが、

ほとんどの人は病気にならないと健康の大切さには気付きません。

沢山の病気や治療に苦しむ患者さんをみてきましたが、皆、しんどい状況になってから後悔しているのです。

今や国家予算にものすごく影響を与える医療費の削減のために、国も色々と対策し、動き出しています。

でもいくら国があれこれやったからといって、

自分の身体は自分しか守れない

薬や治療で救われる命も沢山あるけど、

そればかりに依存してはいけないと思います。

 

おじいちゃん、おばあちゃんになっても美味しいもの食べられて好きなことができて、健康で楽しく過ごせること、それが一番の人の幸せなんじゃないかなって思います( ´ ▽ ` )!!

 

今は元気だから大丈夫!つて思ってる人にこそ、予防の大切さを知ってほしいなと思います!!

読んで頂きありがとうございました(*´ノ皿`)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自身の体調不良や多くの患者との関わりから、予防医学の大切さを実感し、ヘルスケアに関するお役立ち情報を発信中! 資格:看護師、薬膳コーディネーター、食育実践プランナー、healthy &beauty food アドバイザー 趣味 : 旅行、スノボ、音楽、カフェ巡り 将来の目標 : ナチュラルスローライフ